症状の前兆と異常

トイレのつまりが生じたときには、原因が必ずあります。その原因を解明することがトイレを快適に使用できる条件となるでしょう。トイレのつまりの原因が必ずあるため、その症状が発生した時期を把握することが大切です。その症状の発生した時期を特定することで、トイレの便器に問題が起きている症状か、トイレの排水管に問題が起きている症状か判断できるでしょう。

トイレのぞく人トイレのつまり原因が前触れなく突然発生したときには、便器に問題が起きている可能性が非常に高いです。トイレを流す時の流れ方がおかしいなどの前兆や異音がないときには便器に何らかの症状があります。

トイレを使用した後に水を流す時の流れ方が異常であったり、トイレを流す時に「ゴボゴボ」といった異音がしたりするときには便器以外の下水管などでの問題の可能性が非常に高いです。トイレを使用した症状によりどちらに原因があるか判断することが可能です。

水を流した際に「ゴボゴボ」といった異音がなるようになったら要注意。 こういった場合は下水管にトラブルがあるか、深刻なつまりが発生している可能性があります。

トイレつまりでは、便器に原因がなければ排水の時に何らかの原因があることになります。それがトイレットペーパーが原因であったりその他の異物が原因であったりします。何も流していない状態でなければ、流すことができないような異物の原因が非常に高いです。トイレットペーパーは、決められたものを使用している限りあまり変化がないでしょう。しかし、異物は本来流すことができないものもあります。これが原因の可能性も非常に高いでしょう。


☆関連記事☆

  1. トイレのつまり原因
  2. 業者に依頼する判断
  3. 異物の種類